事業の見える化

自社のおかれている環境や強み・弱み、市場やターゲット顧客などを考慮した上で事業戦略を立てていきたい。様々なツールが存在するけれども、なかなか使いこなせていない。そんなニーズにお応えします。

ビジネスフレームワークと作図法

世の中には事業を進める上で役に立つビジネスフレームワーク(考え方を整理する枠組み)や作図法などがあります。こうしたビジネスツール(便宜上ビジネスフレームワークや作図法を総称してビジネスツールと呼びます)は、思考を活性化させるだけでなく、関係者の間で共通認識を持たせるために有効に働きます。また思考という見えないものを見える形で残すことができるため、後戻りすることなく繰り返し改善を加えることができます。
こうしたビジネスツールに関する書籍や参考情報は沢山あるので、概要は知っているという方も多いと思います。ところがいざ自身(自社)で活用しようと思っても、いつ、どんな場面で、どの様に活用すれば良いのか分からない、という方も多いのではないでしょうか?そうした悩みをお持ちの方は、まずは気軽に相談をしてみて下さい。

ビジネスツールの例

  • PEST分析
  • ファイブフォース分析
  • SWOT分析
  • 4P分析
  • ペイオフマトリクス
  • STP
  • PICT図解
  • BMC(Business Model Canvas)

ビジネスアイデア抽出から事業化シナリオ作成

現業の伸び悩みから新たな事業展開を図りたい、またビジネスアイデアはあるけれどもどのように事業を展開していくべきか悩んでいる、といった経営者や事業責任者も多いかと思います。特に事業後継者の方、新たな事業の責任者になられた方やそのプロジェクトメンバーの方々などは、事業化シナリオの作成に苦心していることと推察します。
前述のビジネスツールをフル活用しながら、アイデア抽出から事業化シナリオ作成までを一気通貫で整理してみませんか?